2/15(木)〜16(金) 南富良野大乗会 事例研究発表会

2月15日〜16日に南富良野町で行われた、

社会福祉法人南富良野大乗会第14回研究発表会に参加してきました。

保健福祉センター「みなくるホール」という大きな会場で

「高年期の生きがい支援のあり方」「行動障害のある方の実際」

「高齢者の外出や自立意欲向上に向けて」「台風10号の水害報告」

など17本の事例の発表がありました。

どの施設も抱えている共通の課題やこれから直面することになる課題等があり、

学ぶ事が多くとても勉強になりました。全体を通して利用者の方に少しでも

良い支援を提供するために、何ができるのかを施設全体で考え同じ方向を向き

意識を向上させていると感じることが多い事例でした。

当園からは「終末期について」「ダウン症の高齢化について」の2本の発表を行いました。

緊張しましたが、とても良い経験になったと思います!


IMGP6246.JPG


posted by 希望学園・第二希望学園職員 at 17:00 | Comment(0) | 職員研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: